映画「日本と原発」再上映会のお知らせ

2015年3月19日 | | お知らせ , 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

イベント情報です。


3月1日上映に行けなかった皆様。今月26日(木)再上映が決まりました。

映画「日本と原発」再上映会のお知らせ
日にち:3月26日(木)
開場:13時半
上映スタート:13時半
場所:宮崎市民プラザ 4F 中会議室
   (宮崎市橘通西1-1-2 0985-28-1008)
入場料:500円
問い合わせ先:
主催:エネルギー研究会

弁護士河合弘之と盟友弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘う木村結の3人が、多くの関係者、有識者にインタビュー取材を行い、現地での情報収集や報道資料等を基に事故に巻き込まれた人々の苦しみ、原発事故を引き起こした背景、改善されない規制基準、エネルギー政策のウソと真実を追求したドキュメンタリー。

すでに見られた方は、周りの皆さんにもお知らせ下さるようお願いします。

紹介~チェルノブイリとドイツの脱原発の発表

2011年7月23日 | | 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

紹介します。

チェルノブイリとドイツの脱原発の発表 Japanische Geschichte in Miyazaki: Augenzeugen der Atombomben und Kamikaze Trainingslager

http://saschimi77.wordpress.com/2011/07/23/japanische-geschichte/

キンコンカンせんそう!・アーサービナード講演会

2010年9月15日 | | 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

アーサービナード講演会

キンコンカンせんそう~平和と子どもと言葉をめぐって~

昨年(2009年11月5日)に大分県別府で開催された、九条の会第7回憲法セミナーに澤地久枝さんと共にの講師を勤めた「アーサー・ビナード(詩人)」の講演会が行われますので紹介します。

紹介文(案内チラシより)

アーサー・ビナードさんは、大学卒業と同時に来日して20年。詩人として、01年には、日本語による詩集『釣り上げては』で中原中也賞を受賞。日本の文学をからだごと吸収して、俳句も短歌も詠み、政治と社会問題から眼をそらさない思考や感性は、日本人、いや地球人のやさしさにあふれています。今回は、日本に暮らして考えること、そして平和のことなどを話していただきます。妻で詩人の木坂涼さんと共訳した少年詩集『ガラガラヘビの味』の朗読もあります。木坂涼さんには『すきがいっぱい』や『おっとっと』など、新作絵本の話&手作り絵本のワークショップでお楽しみいただきます。年齢を問わず、どなたでも参加できる内容になっています。

開催日時
2010年 9月20日(月・祝日)・AM10:30~12:00
開催場所
木城えほんの郷 →地図
参加費
500円/木城えほんの郷への入場料は別途必要
参加申し込み・問い合わせ先
木城えほんの郷 / TEL 0983-39-1141 / FAX 0983-39-1180 / 児湯郡木城町石河内475

キンコンカンせんそう-案内チラシ(PDF形式:207KB)をダウンロードする

閲覧するには、pdfファイルを閲覧できるソフトが必要です。(Adobe Reader等)

未来のためのQ&A

2009年7月15日 | | 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

YouTube-jppolitics

Googleの新しいサービス「Google 未来を選ぼう 2009」が開始されました。

私たち市民が政治に直接参加できる仕組みのひとつです。うまく活用して私たちの声を直接、政治に伝えましょう。

私たち市民の代表である政治家の、主義・主張・考え方を知ることもこの国の政治に参加できる手段です。

このサービスで質問したり、他の質問に賛同/非賛同するには、Googleアカウントが必要ですが、無料で利用できますので参加してはいかがでしょうか。

「未来のためのQ&A」は、この国に暮らす人と、衆院選に立候補を予定している人との間で、もっと開かれた対話ができるように、との思いで作った仕組みです。決してまだパーフェクトだとは思いませんが、この仕組みが、あなたと政治をもっと近づけ、政治との新しい関係が生まれるきっかけになることを願っています。ぜひ、参加してください。(「Google 未来を選ぼう 2009」サイトより)

このサービスは利用していませんが、"みやざき九条の会"でも宮崎県内各政党、立候補候補者(12名)に対してのアンケートを6月24日に送付しています。アンケート結果は、ニュース(会報)、及び当サイトで掲載する予定です。

アンケート内容2009syuinsen_Q.pdf(24kb)

参考サイト

マイコミジャーナル:Googleと選挙 - グーグルジャパンが政治に乗り出したワケ

K9MP 新しいブックレット

2009年1月 5日 | | 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

K9MPブックレット(No.9,No10)

昨年末に、「憲法9条・メッセージ・プロジェクト(以後:K9MP)」 [ HP : http://www.k3.dion.ne.jp/~k-9mp/ ]よりメール便が届きました。

中身は、K9MPの新ブックレット2冊の見本でした。

K9MPの活動の中から誕生したこの2冊を読むと「戦争をしない」と宣言している憲法9条に、平和を願う世界の人びとが期待を寄せていることがよくわかります。

この2冊を含め8冊のブックレットがありますが、戦争の虚しさ、からくり、テレビや新聞などで報道されない事柄が書かれています。かつ、どれもわかりやすく、読みやすい。

安いし、お勧めです。

平和と戦争の絵本(6)「憲法で平和を考える」

2007年7月18日 | | 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

平和と戦争の絵本(6)「憲法で平和を考える」

「憲法ってとっつきにくい。解かりにくい」と感じませんか?

この絵本は、「憲法」について調べる中学生を通して、「日本国憲法」とりわけ「九条」について取り上げています。

言葉自体が解かりづらい、解釈(捉え方)によって屈曲して伝えられる、など私も解からないことばかりです。でも自信をもって言えるのは、日本の憲法(特に九条)は、戦争の無い世界を作ると宣言する、素晴しいものだと思います。

何事も勉強は必要です。子ども向けの本でもいいではないですか。こっそり(もちろん堂々と)読んで勉強しましょう。

文:笠井英彦 絵:森雅之
大月書店 <平和と戦争の絵本(全6巻)>
ISBN4-272-40476-8 C8337 1800円+税

平和と戦争の絵本(5)「わたしたちは平和をめざす」

2007年7月11日 | | 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

平和と戦争の絵本(5)「わたしたちは平和をめざす」

「戦争反対!憲法9条を守ろう!」と声高に訴えても、すべての人々が賛同してくれるわけではありません。

「今度、戦争体験者のお話があるので集会に参加して」と知人にお願いしても「胡散臭く思われているな。」と感じたことはありませんか?

この絵本は、現代の人々(特に若者たち)が、戦争や平和について学び、活動しているすがたを描いています。

一人ひとりが学習し、意見を述べ合う。そして一緒に平和な社会になるよう発信していく。
「良いと思うことをして、言って、何が悪い」この絵本を読んで自信がわきました。

文:目黒貴子 絵:石橋富士子
大月書店 <平和と戦争の絵本(全6巻)>
ISBN4-272-40475-X C8337 1800円+税

平和と戦争の絵本(4)「非暴力で平和を求める人たち」

2007年7月 4日 | | 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

平和と戦争の絵本(4)「非暴力で平和を求める人たち」

人は、暴力的な動物なのでしょうか。

どうしても、他人と意見が合わないとき、最終的には「暴力」でしか解決できない動物なのでしょうか?
ましてや、「金儲け」のために「暴力」を持ち出しているのではないでしょうか?

この絵本は、不正と暴力に対し、「非暴力」で批判、抵抗した人々を紹介しています。

イラク戦争では、暴力を受ける前に「暴力を受けそうだから」という一方的な理由で、 "暴力を受けないかもしれないのに" 「戦争」という最悪の「暴力」を仕掛けた国(アメリカ)やそれを応援した国(日本など)は、「非暴力」で解決する事ができたはずです。

特に日本は、「国と国との争いを解決するために、兵器や軍隊を持っていることで相手の国を脅したり、それらの武力を使って戦争をすることを、これからずっとしません。」と憲法で延べています。つまり憲法違反をしてまで、(自分たちの憲法を無視して)戦争に加担したわけです。恥ずかしい事だと思います。

もういちど、どうすることが正しいのか、自分たちの子孫に恥ずかしくない行動をし、平和な社会を残したいと思います。

文:目良誠二郎 絵:石井勉
大月書店 <平和と戦争の絵本(全6巻)>
ISBN4-272-40474-1 C8337 1800円+税

映画「日本の青空」招待試写会アンケート結果

2007年7月 2日 | | 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

日時:2007年6月8日(金)午後7:00~9:30に行った映画「日本の青空」招待試写会アンケート結果を記載します。

アンケートには、多くの方々が、丁寧に回答をくださいました。ありがとうございました。

この映画をもっと多くの人々に見てもらい、「日本国憲法」の誕生に多くの日本人が「夢」「希望」を託し、自分たちの手で、自分たちの平和を築き上げてきた事を知ってもらいたいです。

アンケート集計:2007年6月19日 みやざき九条の会  ※配布 約280枚、回答79人(回収率約28%)

  • 質問1「映画をご覧になっていかがでしたか?」
  • 質問2「映画をご覧になった感想をお書きください」

記事の最後に、アンケートに対する分析を記載しています。

続きを読む: 映画「日本の青空」招待試写会アンケート結果

平和と戦争の絵本(3)「戦争はなぜくり返される」

2007年6月27日 | | 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

平和と戦争の絵本(3)「戦争はなぜくり返される」

人はいつのころから「戦争」をはじめたのでしょうか?

「戦争」は、どんなことで始まり、その結果どんなことがあった(ある)のでしょうか?

この絵本は、人が「戦争」を続けてきた歴史について書かれています。

繰り返し、繰り返し、続けられている「戦争」。どうしたら終わらせる事ができるのか。
「永久に『戦争』をしない!」ことは、私たちには無理なことなのでしょうか?いいえ、ちがいます。私たちは知恵を出し合い、世界中の人々と話し合い、自分と相手の違いや共通点を認識する事で「戦争」を無くすことができます。私は、人類に対し、希望を持っています。

文:石山久男 絵:石井勉
大月書店 <平和と戦争の絵本(全6巻)>
ISBN4-272-40473-3 C8337 1800円+税

平和と戦争の絵本(2)「平和ってなに?」

2007年6月20日 | | 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

平和と戦争の絵本(2)「平和ってなに?」

人はどんなときに平和だと感じるのでしょうか?

平和とは、いったいなんでしょう。

この絵本では、小学生たちが身近な出来事を通して、平和や、戦争について考えるという物語になっています。

今、私たちの暮らしている日本は「平和」といえるのでしょうか。私も、家族みんなで考えてみます。

文:大野一夫+中村裕美子 絵:石橋富士子
大月書店 <平和と戦争の絵本(全6巻)>
ISBN4-272-40472-5 C8337 1800+税

平和と戦争の絵本(1)「人はなぜ争うの?」

2007年6月15日 | | 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

平和と戦争の絵本(1)「人はなぜ争うの?」

人はなぜ争うのか? 暴力とは? 平和とは? 争いをなくすには? 自分の身の回りの出来事に照らし合わせることで、「平和」について再確認できる絵本です。

子供向けに書かれていますが、現代の大人にこそ読んでもらいたい絵本です。

文:岩川直樹 絵:森雅之
大月書店 <平和と戦争の絵本(全6巻)>
ISBN4-272-40471-7 C8337 \1800+税

ヨコハマメリー

2006年12月 9日 | | 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

ヨコハマメリー宣伝チラシ

宮崎キネマ館では「映画で戦争を考える」と題して、戦争がテーマの映画を上映中です。(主催:NPO法人宮崎文化本舗

第3弾が11/25から上映中の「ヨコハマメリー」(2005年日本)です。

12/9(土)に宮崎キネマ館で観てきました。みんなが知っている「ハマのメリー」さん。しかし本当の彼女を知る人は少ない。戦後ヨコスカやヨコハマが未だアメリカだった(ような)次期に、一生懸命生きてきた人たちをメリーさんを探ることによって紹介しています。

私も、横浜に住んでいたときお見かけしたことがあります。もう背中が曲がっていましたが、厚い真っ白な化粧と、黒く分厚いアイメーク、そして全身真っ白の姿は冬の町でよく目立っていました。
戦争が無かったら?メリーさんはどうゆう人生をおくっていたのかわかりません。しかし、大きな荷物を引きながら伊勢崎町を歩き、街角に一人たたずむことは無かったでしょう。

12/15までの上映です。是非ご覧ください。

華氏911

2006年12月 7日 | | 書籍・映画等の紹介 | トラックバック(0)

華氏911

マイケル・ムーア監督・脚本の問題作/第57回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞作品 ジョージ・ブッシュ氏が大統領になる際の疑惑や9・11後のアメリカの侵した様々な問題点をつづったドキュメンタリー。主演はジョージ・W・ブッシュというのもおもしろいです。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 2004年アメリカ映画、DVDビデオ 発売:日本ヘラルド映画株式会社 販売:ジェネオンエンタテインメント株式会社

TOMORROW 明日-黒木和雄監督作品

2006年11月24日 | | 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

TOMORROW 明日

黒木和雄監督作品(1988年/日本) みやざき九条の会でも第5回例会(2005年7月15日)で上映会を行った作品です。 1945年8月9日原爆が投下されるまでの普通の人々の生活を24時間分だけ切り取った作品。明日、自分たちが一瞬で消え去ってしまうなどと想像すらできるなずがありません。そんな平凡な生活を送る人々の命を一瞬のうちに奪い取る「核」の「戦争」の怖さを感じます。 発売元・販売元(株)ブロードウェイ

映画「THE WINDS OF GOD - KAMIKAZE -」上映終了間近です。

2006年11月14日 | | 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

宮崎キネマ館では「映画で戦争を考える」と題して、戦争がテーマの映画を上映中です。(主催:NPO法人宮崎文化本舗

第2弾の「THE WINDS OF GOD - KAMIKAZE -」(2006年日本)は、11/17までの上映です。上映時間は「10:15」と「15:10」です。

私は、残念ながら見ることができませんが、時間の都合が付く方は観にいってください。できましたら感想などコメントしていただけるとうれしいです。

観てきました「トンマッコルへようこそ」

2006年11月 4日 | | 書籍・映画等の紹介

トンマッコルへようこそ

宮崎キネマ館では「映画で戦争を考える」と題して、戦争がテーマの映画を上映中です。(主催:NPO法人宮崎文化本舗

第1弾が10/28から上映中の「トンマッコルへようこそ」(2005年韓国)です。

 私も11/3に宮崎キネマ館で観てきました。いい映画です。見る人によって感じ方はそれぞれでしょうが、私はいい映画だと思います。

戦争とは何か?何のために人を殺すのか?武器を捨てる勇気を持ちたい!...そんなことを感じました。

11/24までの上映です。実際にスクリーンで観てきてください。お勧めします。(涙腺の弱い人はハンカチをご用意)

続きを読む: 観てきました「トンマッコルへようこそ」

小さな学問の書「日本国憲法」

2006年10月23日 | | 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

童話屋「日本国憲法」

中身は「日本国憲法」「教育基本法」そのままが記載されています。若い読者にも読みやすくするため漢字にふりがなをふってあります。長辺が15cm、80ページの小さな本ですので手軽に読めて便利です。じっくり読んで、憲法に書かれている意味を考えてみてはいかがでしょう?

続きを読む: 小さな学問の書「日本国憲法」

映画で戦争を考える

2006年10月21日 | | 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

宮崎キネマ館は、「映画で戦争を考える」と題して戦争に関連する映画を連続して上映予定です。第1作目は『トンマッコルへようこそ』(2005年 韓国 132分)で、2006/10/28(土)からの上映です。

続きを読む: 映画で戦争を考える

書籍紹介「戦争の作り方」

2006年10月13日 | | 書籍・映画等の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

戦争のつくりかた

文 : りぼん・ぷろじぇくと 絵 :井上ヤスミチ 発行所:株式会社マガジンハウス 税込価格:630円

続きを読む: 書籍紹介「戦争の作り方」

ニュース(会報)

PDFファイル PDFファイルです

ブラウザで表示できないときは、ファイルをダウンロードしてから閲覧ください。
windowsの場合、右クリックして「名前をつけて保存」でダウンロードできます。

個別ページ
  • files
  • images
スタッフ募集

みやざき九条の会は代表世話人・世話人を中心に活動を進めています。

ニュース作り、会計等、人手不足で悩んでいます。専従的なスタッフになっていただける方を募集します。
詳細は事務局へお気軽にお問い合わせ下さい。

Tags
FEED
CC Licenses
Creative Commons License
会費およびカンパのお願い

当会の年会費は主に通信費、消耗品費として使われています。現在の財政状況は当会が今後とも息の永い多面的活動を展開するうえで十分とはいえません。会費に加えて任意カンパ(一口千円)をお願いします。

  • 取扱金融機関:ゆうちょ銀行
  • 口座記号番号:
    01760-4-131244
  • 加入者名:みやざき九条の会
  • 年会費:1,000円
  • カンパ:何口でも(1,000円/口)
最近のコメント

カテゴリー
リンク
携帯

http://welove9.org/

URLをメールで送信