「原爆と戦争・佐土原空爆展」

2007年3月17日 みやざき9条の会 | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

「原爆と戦争・佐土原空爆展を成功させる会」は、「原爆と戦争・佐土原空爆展」を開催します。

開催期間:2007年3月21日(水)~26日(月)
開館時間:午前9時~午後7時
 場所 :佐土原町総合文化センター
 内容 :原爆と戦争・佐土原空襲の写真や資料の展示

 入場無料

【特別企画】
 3月21日(水)と25日(日)

1) 映画「はだしのゲン」上映
  午前10時~11時半

2) 映画「ヒロシマ原爆の記録」、「わが郷土燃ゆ」上映
  午後1時~2時

3) 戦争体験を聞く会
  午後2時~3時

4) 戦争体験者と参加者の交流
  午後3時~4時

以下案内チラシより転載---

 この催しは、原爆被害者や空襲体験者、戦争を体験した世代と、戦争体験のない親世代、次代を担う青年や子どもたちが、3世代の交流を通して、一層の絆を深め、平和への願いを束ねていくものです。


 昭和20年(1945年)8月、広島と長崎に2個の原子爆弾が投下され、一瞬にして、老人、子ども、女性など、20万人の人々がころされました。また、戦地や沖縄戦、そして、東京大空襲などの全国空襲で、300万人もの尊い命がなくなりました。

 宮崎市の佐土原地域においても、米軍による昭和20年4月18日の津倉・江原空襲や4月26日の天神空襲、5月の佐土原駅や列車の空襲、7月14日の一ツ瀬空襲などで55人を上回る人々が残虐に殺され、多くの家屋が爆破・焼失させられました。

 私たちの願いは、「三度、原爆が使用されてはならない」「日本が戦場となり、多くの犠牲をうみだす戦争をおこしてはならない」「次代を担う青年たちを戦場に送り、尊い命を奪われてはならない」というものであり、この思いは多くの佐土原地域住民・市民の願いでもあり、平和な社会を希求する人々の共通する感情だと思います。
 
 今回の取り組み、催しが、佐土原地域住民・市民の平和への願いを大きくしていく、その一助となれば幸いです。

佐土原地域住民・市民の皆さん!子どもたちとそのご家族、お友達、学校の先生方、ご近所の方々、お互いに誘いあって、ご来場下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sato.kilo.jp/mt4/mt-tb.cgi/994

コメントする

(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ニュース(会報)

PDFファイル PDFファイルです

ブラウザで表示できないときは、ファイルをダウンロードしてから閲覧ください。
windowsの場合、右クリックして「名前をつけて保存」でダウンロードできます。

個別ページ
  • files
  • images
スタッフ募集

みやざき九条の会は代表世話人・世話人を中心に活動を進めています。

ニュース作り、会計等、人手不足で悩んでいます。専従的なスタッフになっていただける方を募集します。
詳細は事務局へお気軽にお問い合わせ下さい。

Tags
FEED
CC Licenses
Creative Commons License
会費およびカンパのお願い

当会の年会費は主に通信費、消耗品費として使われています。現在の財政状況は当会が今後とも息の永い多面的活動を展開するうえで十分とはいえません。会費に加えて任意カンパ(一口千円)をお願いします。

  • 取扱金融機関:ゆうちょ銀行
  • 口座記号番号:
    01760-4-131244
  • 加入者名:みやざき九条の会
  • 年会費:1,000円
  • カンパ:何口でも(1,000円/口)
最近のコメント

ニッポンの秋と核の冬
高橋武夫 07/10
首相官邸ホームページへのリンク追加
松永英雄 03/27
みやざき9条の会 03/27
今なぜ「坂の上の雲」か
Znet 01/19
2009年9月5日講演会音声データ
平野千恵子 09/28
吉村 恵一 09/29
「みやざき国際ストリート音楽祭2009」セレモニーに戦闘機
吉村 恵一 05/03

カテゴリー
リンク
携帯

http://welove9.org/

URLをメールで送信